読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pesanteurの日記

simone weil に私淑し数十年。暗い夜は乗り越える他に、寝過ごすという手もあることに気づきました。

(ハル)

映画(ハル)を久しぶりに観ました。

96年の映画、もうWindows3.1や95が出て、インターネットが始まっていました。

パソコン通信最後の時代あたりだったでしょうか。

 

この映画には思い入れがあります。

 

90年に知り合って、92年までお付き合いした人。最初はパソコン通信がきっかけでした。毎日のようにメールのやり取りをして、仲良くなってからは東京に来てもらったり、こちらから仙台に出かけたり。

 

すべて終わって、新しい人と付き合い、結婚した後にこの映画に出会いました。

結婚時にはこの映画は私一人の秘密でした。

こっそりと夜中のリビングで映画をかけて、しみじみ観入って。。。

 

 

 

それから長い時間が過ぎました。

 

 

言い過ぎたり、言い足りなかったために、誤解をまねき不幸な結果になる。

そういう臆病を学ぶような経験で、より一層、何かを言うのも言わないのも難しくなりました。

 

ノーテンキにものを言えたら。

 

でも相手じゃない、自分の言葉が相手からブーメランで帰ってきて傷つくのは、かなり痛い。

 

おたがい遠い離れた場所で、それぞれ生活があり、目の前のぐだぐだを払いのけつつ、それでも会った時には、ぐだぐだを見せるわけにもいかず、クールなところは見せたい。たとえ水面下では溺れまいと、バタ足をいくら使っていても、そんなところは見せられない。

 

もしかしてお互いに臆病なせいで、大事な何かを伝え合うチャンスを逃しているんじゃないか。逃していたんじゃないか。

 

はぁ。。