読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pesanteurの日記

simone weil に私淑し数十年。暗い夜は乗り越える他に、寝過ごすという手もあることに気づきました。

諦めずに前を向く。でもたまにはうつむいてやり過ごす。

2017年になりました。

 

1.まずは振り返り

20年前・・現職に転職。ハードワークに打ちひしがれそうになる。しかし年収はほぼ倍になった。毎日が決戦の気分。勉強しつつ仕事をしてなんとか追いついて、でもすぐに新しい課題がやってきて悪戦苦闘。

 

15年前・・グロービスに通い始める。一通り科目を履修したが、クリシンが今でも役に立っている。仕事で終われ、グロービスの課題に追われバタバタ。中国の砂漠の植林にも出かけた。

 

10年前・・出向先の会社で奮闘、後半は原籍会社へ戻る。カウンセリングも修行中。夏に筑波の教育研究科を受験し合格。カウンセリングつながりのネットワークが拡大。15年前のビジネススクールつながりのネットワークとは人種が違った。

 

5年前・・新しい目標、技術士を見つけ受験を開始。全くわからないというか何がわからないかもわからないくらい。しかしなんとかなるだろうと暑い夏・寒い冬・雨の日・晴れの日すべてを受験にささげる。この頃から介護問題が本格化して、盆暮れの帰省が恒例化。

 

2.今いる場所

原籍会社で仕事中。先行きはわからない。次はあるのだろうか。年齢を考えるならあと11年はお勤め生活は続く。年金通知によれば大変お寒い年金なので、個人で積み増しもしておかないとかなり厳しそう。どうするか。

技術士試験は3月に結果が出るが、その結果がよくも悪くも、受験は一区切り。しばらく離れていたカウンセリングに戻るか。

 

3.これからどこへ

何を頼りにしてご飯を食べていくのか、そろそろ考えないとキリギリスのようになって冗談抜きで貧困に苦しむ未来がやってくる。できることは、今持っているものを最大限活かして、どこで何ができるかを考え、見つけ、実現に向けて行動すること。辛抱は続く。人生は根比べのようだ。できること、できるかもしれないことには、前を向いて取り組む。できないこと、やりたくないことはやり過ごす。残り時間は少ない。限られた時間、お金をどう使うか。

 

初日の出に向かって、今年もいつも通りやってきたと感じた。

f:id:pesanteur:20170101072230j:plain

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」